点検・保守・メンテナンス

点検・保守

太陽光発電システムでは、パネルの破損・腐食やPCS(パワーコンディショナー)の停止直流や交流の地絡、 計測装置関係等の不具合が実際に起きております。
不具合発見のきっかけの7割近くが日常点検、定期点検で発見されることから、点検・保守は重要です。長期安定稼動による売電収益確保のために、是非ともお考え下さい。

点検・保守

・不具合箇所を早期に発見することで重大事故を未然に防ぐことができます。
・専用機器による点検により判別の難しい機器の状況をしっかりと確認いたします。

発電不良による売電損失額
太陽光発電システムでは、パネルの破損・腐食やPCS(パワーコンディショナー)の停止直流や交流の地絡、計測装置関係等の不具合が実際に起きております。
不具合発見のきっかけの7割近くが日常点検、定期点検で発見されることから、点検・保守は重要です。長期安定稼動による売電収益確保のために、是非ともお考え下さい。

発電容量 売電収入推定額
(32円で試算)
10%発電不良状態のままで稼働した場合の損失額
1ヶ月間不良発見遅れた場合
1MW 3,200万円/年 約32万円/月 約384万円/年

※売電収入推定額は概算のものです。

業務内容

性能点検
① 定期点検作業(故障・トラブルの未然防止)
 ・目視点検(外観点検)・計測点検(電気的計測)
② 定期点検結果
 ・点検結果は、都度電気事業者様に報告いたします。
除草作業
清掃作業
パネル洗浄により発電効率アップ

保守点検の流れ

メンテナンス

太陽光発電の保守メンテナンスの内容

※メンテナンス作業中

メンテナンス内容

太陽電池モジュール
点検機器によって異常・故障・不具合の可能性の有無を確認します。
架台
架台ボルト・ナットの緩み・脱落・破損・錆等がないか確認します。
接続箱
I-Vカーブ測定、端子台のゆるみの有無、配線・アース工事の不具合、錆・汚れの有無ふたの破損・変形の有無
パワーコンディショナー
端子台のゆるみの有無、配線・アース工事の不具合、通気口・換気フィルタの損傷の確認(汚れ等も)、異常音・振動・異臭・過熱の有無、外箱の腐食や破損の確認
電気的数値測定
太陽電池の開放電圧測定、太陽電池の動作電流、太陽電池の絶縁抵抗測定、電力系統電圧測定
※詳しくは、弊社のメンテナンス点検表及び点検計画書をご覧ください。
※料金につきましては、出動回数・距離・規模等によって異なりますのでその都度見積りをさせていただきます。

※主なメンテナンス作業機器道具